アスオイル(asuoil)の成分チェック!シリコンは入っているの?

アスオイル(asuoil)は気になる「うねり」、「パサつき」を改善する美髪再生ヘアオイルです。
今、もっとも売れている、話題のヘアオイルです。詳しく見ていきましょう。

アスオイル(asuoil)の成分チェック!シリコンは入っているの?

はい、入っています。

二番目に表示されているがシリコンです。二番目に書いてあるということは、二番目に多く入っているということですからね。。。。。

 

シリコンと書いていませんが、成分名で表示されています。わかりにくいですね。

 

このジメチコンが世間一般で言われているシリコンというものです。シリコンとは容器の裏側の成分表には書いていません。ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという成分がシリコンを表しています。

 

アスオイル(asuoil)に限らず、シリコンを調べてみたい時にはジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという成分を探してみるのが簡単な見分け方です。

 

アスオイル(asuoil)にシリコンが入っている!・・・・だから???

悪い口コミを見ていると「アスオイル(asuoil)にシリコンが入っている!びっくりしました。残念だけど使いたくない」こんな口コミを見つけました。

 

シリコンが入っているヘアケア製品は悪い?
そんな印象をもっている人が多いはずです。

 

シリコンが入っているものが悪い製品だというのは勘違いです。シャンプーもノンシリコンが良いというのも半分間違い、半分正解です。シリコン自体は悪いものではありません。

 

実はシリコン配合、ノンシリコンを選ぶのは「好き嫌い」「洗髪後の感触」も関係しています。

 

シリコンは髪の毛をコーティングしてヘアケアします。アスオイル(asuoil)にシリコンが入っているという事は、しっかりとヘアケアができるという事です。 

 

公式オンライショップを見てみる

 

シリコンは悪者じゃない!

シリコーンは、髪の毛によくないとかいろいろ言われていますが、実際はどうなのでしょうか?シャンプーの話をまぜながら詳しく説明していきます。

 

ヘアケア製品に入っていることで有名なシリコンです。本当の発音はシリコーンというらしいのですが、この記事では使い慣れたシリコンで統一します。

シリコンは熱に強く、柔軟性、通気性などがあり、良い点がたくさんあります。安全性も高いので化粧品だけでなく医療分野にまで使われることもあります。

 

髪の毛に関しての効果は毛髪の摩擦を軽減すること、髪の毛のツヤを出すことなどが知られています。詳しく知りたい方は資生堂さんのHPにわかりやすく詳しく説明されています。

資生堂HP

 

シリコンの働き

・髪の毛の摩擦を軽減。
・髪の毛のツヤを出す。

 

こんな疑問がありませんか?

かゆみ
抜け毛
髪の毛や頭皮へのダメージ

 

このあたりが気になりますよね?

 

シリコンが入っているヘアケア製品は安全性を生かした配合がされています。なのでかゆみや抜け毛などの原因になることはありません。また頭皮や髪の毛への悪影響もありません。(思い切り安価な製品は調べてないので分かりませんが)

 

シャンプーなどに入っているシリコンは細かな粒子のために髪の毛に付着してたまり続けることはありません。

じゃあコンディショナーは?という疑問が出ますよね。コンディショナーは髪の毛に残りますよね。

 

コンディショナーのシリコンは次の洗髪の時に洗い流されます。古いシリコンがたまっていくことはありません。
髪の毛、頭皮へのダメージはありません。

 

シリコンは効果がある成分の浸透をジャマしそうな雰囲気もありますが、これも大丈夫です。髪の毛が濡れている時にはシリコンが毛髪の表面のすべてをおおう事はないので効果がある成分の浸透をジャマすることはありません。

 

髪の毛のきしみを抑えてくれるので、シャンプー時の髪の毛へのダメージを防いでくれます。ロングヘアーの方には特にうれしい成分です。

シリコンのまとめ

あまり安いノンシリコンのシャンプーだけはやめた方がいいでしょう。

多くのノンシリコンシャンプーの界面活性剤が品質の低いタイプのものだからです。髪の毛の油分を落としてしまいガサガサ、きしみの原因になってしまいます。

 

キュキュッと言わないと気がすまないのは子どもだけ。ある程度の年齢になったら、そんなことは言っちゃダメです。きしみの原因にもなってしまいます。

 

公式オンライショップを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓

 

 

アスオイル(asuoil)の効果が出ない?

とても評判がいいアスオイル(asuoil)ですが、効果を感じないという口コミも見る事があります。ほとんどの原因は使用期間が短いか、本人の髪の毛のダメージが大きい事があげられます。 

 

すぐに実感する人もいる一方でなかなか効果を感じない人がいるのは事実です。

 

本当にすごい!こればかり言ってる人もいますが、どうなんでしょうね。

本当にすごい!
本当にすごい!
本当にすごい!
本当にすごい!
本当にすごい!

 

いえ、髪質改善には時間がかかる人もいますよ。ダメージが大きな人はある程度使い続ける必要があります。

 

公式オンライショップを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓

 

アスオイル(asuoil)の効果的な使い方は

タオルドライ→アスオイル(asuoil)→ドライヤーで乾燥 

 

これが一番いいと言われますが、どうしても個人的には

 

タオルドライ→アスオイル(asuoil)→タオルを巻いたまま放置→ドライヤーで乾燥 

こちらの方が好きです。

濡れたままだと潤いを髪の毛に閉じ込める事が出来ないのでドライヤーで乾かすようにしてください。と説明書に書いてありますが。。。。

 

試しにやってみると良いかもしれませんよ~

 

公式オンライショップを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓

 

アスオイル(asuoil)が向いている人は?

 

・髪のうねりがひどくて気になる。
・髪の毛がガサガサ。
・髪の毛にまとまりがなくセットに時間がかかる。
・クシの通りが悪い。
・枝毛が多く、切れるときがある。
・鏡の前を通り時は、まず髪の毛をチェックする。

 

アスオイル(asuoil)を使うとしっとり感のある、気持ちがいい髪の毛が続きます。自然な感じのしっとり感です。 「何かつけてる」という見た目ではなく、自然なしっとり感が嬉しいオイルです。

 

これが人気の理由です。

 

髪の毛のまとまりがない人は、毎朝時間がかかって大変ですよね。時短にもなり、朝の貴重な時間も大切に使うこともできます。

アスオイル(asuoil)にシリコンが入っているのは当たり前の事です。大切な成分はエルカラクトンという熱に反応して潤いを閉じ込める成分です。

 

 

アスオイル(asuoil)の価格は

単品価格が5980円(税別)です。安いという人もいれば、高いという人もいます。

 

安くはありませんよね。個人的には安くないと感じます。ただ、それでも効果を考えると

 

「安い買い物」だと思う人がたくさんいます。
「安い買い物」と「安い」とでは意味が違います。

海外の魅力的な女性たちの関心は二つ

「美」と「健康」です。 

 

アスオイル(asuoil)は髪の毛の「美」と「健康」両方とも手にする事が出来ます。そう考えると「安い買い物」になる可能性がとても高い製品です。

 

単品価格では5980円(税別)ですが定期コースなら初回限定価格が59%OFFの2480円(税別)で購入することができます。クレジットカードで購入するとさらに500円引きで1980円(税別)という魅力のあるプライスで購入可能です。よくある回数の約束(しばり)はありません。

 

公式オンライショップを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓

 

アスオイル(asuoil)の販売店は

いまのところ、(2019年11月現在)公式オンライショップだけの販売です。

楽天、アマゾンでは見当たりません。そしてドラッグストアなどの店舗販売もありません。これだけ評判がいいものを楽天、アマゾンが黙っている事はないと思います。そのうちに販売されると思ってます。

 

一般的に大手の通販サイトより公式オンライショップの方がキャンペーンを開催していたり、特典をつけていたり、お得な事が多いように感じています。

 

公式オンライショップを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓

 

おまけ(アスオイル全成分)

水添ポリイソブテン、ジメチコン、ドデカン、ミリスチン酸イソプロピル、 シクロペンタシロキサン、ジメチコノール、γ-ドコサラクトン、カリンエキス、ツバキ種子油、ワサビノキ種子油(モリンガ)、アルガニアスピノサ核油、アーモンド油、マカデミア種子油、トコフェロール、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、ベルガモット果実油、セイヨウハッカ油、イランイラン花油、レモン果皮油、セバシン酸ジエチル、水、エタノール